ドラマチックなピラティス氏の生涯。ピラティスメソッドができるまで

皆さんは、ピラティスの歴史についてご存知でしょうか。

ピラティスは、ドイツ生まれのジョセフ・ピラティス氏によって考案されたメソッドで

当時は【コントロロジー】と言われていました。

ピラティスが誕生するまで、ピラティス氏はドラマチックな生涯をおくっています。

ピラティスメソッドが誕生し、世界に広がるまでを見ていきましょう。

誕生〜幼少期:ドイツ

ジョセフ・ピラティス氏は1883年ドイツで誕生しました。

幼少の頃は病弱で、喘息、くる病、リウマチ熱に苦しんでいたそうです。

その障害を克服するために、禅やヨガ、トレーニングについて研究をし、スキーやボクシンング、体操にも取り組んでいたそうです。

青年期:ドイツ〜イギリスへ

トレーニングをしていく中で、次第に彼は「現代」におけるライフスタイルや悪い姿勢、非効率的な呼吸こそが体に悪影響を与えていると考え、それを改善するためのエクササイズプログラムを考案しました。

1

2 3

関連記事

  1. 人気ピラティスインストラクターに共通すること

  2. マインドフルネス。ボディスキャン瞑想って?心と体に向き合う方法

  3. ピラティスインストラクターのお給料事情

  4. マットピラティスとマシンピラティスの違いについて

  5. ピラティスインストラクターとして場数を踏むことの大切さ

  6. ピラティスインストラクターが言われるとちょっぴり悲しいこと

  7. 体が硬くてもピラティスはできるのか?

  8. ダイエットにピラティスがお勧めな理由