ピラティスインストラクターの働き方

こんにちは。

ピラティスの資格の養成を受けてからさあ、働こうと思ったときにインストラクターの

働き方ってどんな感じなんだろう?

と思われた経験はありませんか。

インストラクターとしての働き方は様々ありますが、主にこの働き方が多いのではないでしょうか。

・ピラティススタジオで正社員として働く

・業務委託(フリーランス)として働く

・自身のスタジオを持つ

・オンラインレッスン

・出張レッスン

 

それでは、一つ一つご紹介していきます。

ピラティススタジオでスタジオで正社員として働く

まず一つ目の働き方は、正社員としてスタジオで働くです。

正社員ですので、受付業務や、お問い合わせ対応など、レッスンをするだけではなくその他の業務も

行います。

正社員ですので固定給となり、レッスン本数でお給料が変わることはあまりありません。

メリットとしては、レッスンだけではない業務を任せてもらえるため、対応力が身につくと思います。

業務委託(フリーランス)として働く

業務委託契約で働く働き方です。

この働き方では、スタジオが1本いくらという形でフィーを決めてレッスンをしたらその分のお金が発生します。

フィーの値段は指導暦や能力によっても違う場合があり、頑張りによって上げることも可能です。

主な働き方としては、レッスンであり、他の業務には携わることは少ないです。

人によっては、スタジオを何件も掛け持ちをしてレッスンを行う方もおり、お給料の上限がないため

人気インストラクターになると大幅な収入アップを狙えます。

ですが、その分下もないため、まだレッスンを持っていない方や初め生徒さんが付くまではお給料が少ないことも。

不安定な部分はありますが、あまり会社に縛られたくないという方にはおすすめの働き方です。

1

2

関連記事

  1. ピラティスインストラクターのお給料事情

  2. マインドフルネス。ボディスキャン瞑想って?心と体に向き合う方法

  3. ピラティスで煩悩を浄化♡みんなで作る一体感。108回ハンドレッド!?

  4. 男性にこそピラティスがお勧めな3つの理由

  5. ピラティスとヨガの違いって?

  6. ピラティスインストラクターが言われるとちょっぴり悲しいこと

  7. ピラティスインストラクターとして場数を踏むことの大切さ

  8. ピラティスにおけるキューイングの種類